チャネリングアート|Mutsuko Hosokawa Mutsuko Hosokawaは、全て手描きによるオリジナル・完全1点もののチャネリングアートを通じて、女性の活躍を後押し、自己実現をしていただくための活動をしております。インナーチャイルドを癒して解放することで、女性の中に眠る女神性を呼び覚ますお手伝いをいたします。意識を宇宙に委ね、ハイヤーセルフと繋がりませんか?

缶コーヒーBOSSの新CMが時代を象徴してる。「サボる」がキーワード。

 

缶コーヒーBOSSの新CMのキーワード「サボる」に見る現代社会


宇宙人ジョーンズシリーズで今なお笑いと教訓を届けてくれる、缶コーヒーBOSSの2019年今秋の新CM、見た方いますか?

{aO0qeYjVtDs}

 
 
和菓子屋で、新人が缶コーヒー飲んでサボっているのを、親方が揶揄するストーリー。
 
 
現代社会の象徴であるSNSを見る弟子(バカ息子と呼ばれる)。それを目くじら立てて見る親方。でもそれがきっかけでインスタ映えの商品が作れて、人気を集めて、親方もついにサボり出す。
 
 
すかさず、宇宙人ジョーンズが「この惑星では、働かないとサボれない」と言います。
 
 

「この国ではサボることは悪とされた」のCM導入部分と、最後の結末との対比を考察して欲しい。

 
柔軟で、自由な発想は、余裕感や豊かさから生まれます。従来の常識の枠外に突破口があるものです。このCMは真面目に勤勉働き続けることが良いものだとした昭和人間から、ゆとりと言われた平成の社会人の生き方の違いをわかりやすく伝えてくれています。
 
 
宮藤官九郎作テレビドラマ「ゆとりですから」はゆとり世代と言われた平成を揶揄する風潮を斜に構えて、その弊害をしっかり描きつつも、肯定的な未来も描く、なぐさめのような作品でしたが、そこから数年たって令和の今年、ついに全肯定とも言うべき缶コーヒーBOSSの新CMが生まれて、何とまぁ時代が変わったと思うわけです。
 
 
「ゆとりですから」では、ゆとり世代ゆえの弊害を描きつつ、最後は希望の光をほのめかして、苦々しくも愛しく肯定する姿勢ですよね。
 
 
でも、今回のBOSSの新CMは、それとは何段階も違う。まず、全肯定。それだけでなく、旧来の人間が学びを得て、新世代のマネをする、というところまでポジティブに捉えてます。
 
 
すごい大きな変化ですし、まさに令和っぽいですよね。
 
 

トイレ休憩と称して5分も10分も帰ってこない社員急増中

 
このCMはほんの一例。今や、上司と争うこともノーストレスで回避できる有効手段として、トイレ休憩が常とう手段になりつつあります。
 
 
トイレ休憩と言い、トイレの個室でスマホ片手に堂々とサボれます。なぜならトイレ休憩をとがめる上司は速攻でパワハラで潰されるからです。
 
 
これはかなり無敵。
 
 
しかし、これまで社畜化されたサラリーマンの歴史の反動と見れば、とても自然な効果なのです。
 
 
柔軟性、余裕感、そんなものがトイレ休憩という名のサボり時間で得られるなら、なんと安上がり。その上、精神的にも苦にならない。
 
 
これからは新しい発想はトイレから生まれるのかもしれない。
 
 
知ってましたか?宇宙のハイヤーセルフと繋がりやすいのはお風呂やトイレなどの水回りなんですよ。お風呂はヨガでいう丹田を温めるし、トイレはまさしくその位置を使いますよね。すっごく最適な休憩方法なんですよ。
 
 

 

コメントは受け付けていません。

特集

チャネリングアート|Mutsuko Hosokawa Mutsuko Hosokawaは、全て手描きによるオリジナル・完全1点もののチャネリングアートを通じて、女性の活躍を後押し、自己実現をしていただくための活動をしております。インナーチャイルドを癒して解放することで、女性の中に眠る女神性を呼び覚ますお手伝いをいたします。意識を宇宙に委ね、ハイヤーセルフと繋がりませんか?

〒920-0802
石川県金沢市三池町181-5

090-5577-2680

10:00~18:00
定休日:不定休